【和ハーブとしての麻を学ぼう!和ハーブって?大麻がハーブ!?】

 

☆一回目、二回目の『和ハーブとしての麻〜食べる麻の効果』講座は満席になりました☆

「和ハーブ」とは、日本を故郷にしてきた有用植物たちのこと。
古くからこの風土に育ち、日本人とともに生きてきた身近な存在です。

花・実・樹木・樹皮・根など、衣食住すべてのシーンに関わる植物がその範疇であり、和の伝統的な自然療法の素材として親しまれてきたものばかりです。


たとえば、シソ、ミツバ、セリ、ミョウガ、サンショウ。これらの香り豊かな和ハーブ&和スパイスは、食卓を彩り五感も内臓も刺激する魅力的な食材として、日本の暮らしのなかにたびたび登場します。

北海道では馴染みの深いハマナス。
アイヌの人々健康のためにハマナスの花をお茶にして、朝夕飲んでいたとか。

そして、麻(大麻)も古来より日本人に愛され親しまれて来た和ハーブなのです。

日本の伝統的な薬味「七味唐辛子」に入っているプチプチとした実は麻の実ですし、麻の服を着て麻の茎の屋根で作られた家に住んで来ました。

日本で生まれ育った私たちの心身にいちばん馴染むものは、この風土で育ち、先祖たちによって伝統的に使われてきたもの。日本に育ち衣食住、エネルギーにもなる大麻という植物を「和ハーブ」という視点から見て学んでみましょう。

三回連続講座ですが、単発参加もOK。

連続受講の場合受講料は9,000円(1,500円お得)
ハチドリ会員さまは各回500円引きですので更にお得になります。

 

◎一回目 『和ハーブとしての麻〜日本の忘れもの和ハーブとは?』

7月14日(火)10:30〜13:00
・和のスパイス、和の香りについて
・代表的な和ハーブ(大麻他)の紹介と和ハーブティーを試飲、大麻で作ったお菓子を食べてみる
 

【受講料】 ハチドリ会員2,000円 一般2,500円 (和ハーブティ、大麻菓子代含む)

 

◎二回目 『和ハーブとしての麻〜食べる麻の効果』

 7月22日(水)10:30〜13:00
 ・実際に食べながら和ハーブ、薬味について学ぶ
 ・食べる大麻について「大麻はスーパーフード!」

 【受講料】 ハチドリ会員3,000円 一般3,500円 (大麻ランチ、和ハーブティ代含む)

 

 

◎三回目『和ハーブとしての麻〜日本人と、繊維としての麻』

 7月27日(月)10:30〜13:00
 ・和ハーブの有用文化のお話
 ・大麻繊維の歴史を使ったWS

日本産大麻と神宮杉(伊勢神宮内で風倒木した杉の木)を使った注連縄ストラップ作り
和ハーブティ付き

【受講料】 ハチドリ会員4,000円 一般4,500円 (ストラップ材料代、和ハーブティ代含む)


☆神宮杉ストラップサンプル(デザインは変更になる場合があります)

 

【定員】10名 (定員になり次第締切ります)

【申込】申込みフォームより『和ハーブ講座』として、どの回に参加希望または連続受講希望か明記の上お申し込みください。

【キャンセルポリシー】
各回材料の準備もあるため、当日3日前以降のキャンセルは実費をいただきますのでご了承ください

【講師紹介】

☆和ハーブ担当 山﨑亜紀子
和ハーブ協会北海道事務局運営/和ハーブ協会理事兼公認インストラクター
日本の忘れもの和ハーブを北海道でも見つけたい、伝えたい、守りたいと、自ら事務局を立ち上げ運営。
身土不二の大切さ、和ハーブを食で広めたいと考え和ハーブ&ローフードカフェ「Sprout」を札幌円山地区にオープン。

☆大麻料理担当 紀國雪子
NPO法人ハチドリ代表理事/大麻料理専門店「ゆきはな」店主
自分のものは自分で作ろう!を合い言葉に自立した暮らしを提唱しています。
大麻の「なんでも作れる」魅力に取り付かれ、大麻の誤解と偏見を解くため「ゆきはな」にて情報発信中。

☆大麻繊維担当 佐々木真紀
大麻糸績み後継者養成講座認定講師/mak-i-to主宰
神戸を中心に全国各地を飛び回り昔ながらの麻糸産みを伝えています。

糸だけではなく染色や織りなど布全般をマスター中。
2013年春「よりひめ」としてデビュー。

 

 

 

アイヌ料理をつくるにあたって

NPO法人ハチドリ 代表理事 紀國雪子より

 

当NPO理事である石井ポンペ氏から「札幌にアイヌ料理を食べられる店が無いのはおかしい。君がここでやりなさい。」と言われたのは、大麻料理の店「ゆきはな」を休業してすぐでした。

それまでもポンペ氏と一緒に山に入っては山菜や木の実やきのこを採り、沼に入って菱の実を採り、鹿肉や鮭が手に入れば、またその調理法や食べ方を学んで来ましたが、「和人である私」が「アイヌ料理」として料理を作ってひとに出すということはかなり気が引けました。
疲れてやめた飲食店を再開するのも、まだしんどい時期でもありました。

場所は提供するのでアイヌである誰かがやってくれないかと思いましたが、その話は進まず、その後もポンペ氏から「あなたがやればいいでしょう」「(アイヌでなかろうが)とにかく出して食べてもらう知ってもらう事が大切なんだ」と何度も言われ…
二風谷のアシリ・レラさんの「アイヌは人間という意味。アイヌの血が入っていない人などどこにも居ない」という言葉も胸に響き…

その場では「わかりました、やります」と言いつつもなかなか動き出せず、1年以上経ってしまいました。

その間、自分なりにアイヌ料理の勉強をし、ポンペさんの姪である昭子さんにも直々に教えていただき、何度か友人たちに試食してもらい「こういう体験は貴重だからちゃんとやったほうがいい」と感想をもらい
わたしの中でも「飲食店をやるのではない、あくまでもアイヌ文化を知ってもらうきっかけとしての『アイヌ料理』なんだ」と思えるようになって来ました。

正直なところ、アイヌ事業を利用している和人を見て来てそれに嫌悪感があり、自分も同じように思われるのが嫌だったのですが…
わたしが伝えたいのはアイヌの暮らし方であり、それに興味を持ってもらうためにみんなが馴染みやすくわたしの得意分野でもある『料理』という方法を取るんだ!と腹をくくりました。

 

ひとくちにアイヌ料理といっても絶対的定義があるわけではありません。
土地によって家庭によって違いもあります。
わたしが教わり学んだもの、そしてみなさまに提供出来るものはほんの一部だと思います。

また、調理法や味付けは伝統的なものを選んでいます。
現代風にアレンジする(例えば味噌や醤油やバターを使う、フライにする等)ことはいくらでも可能ですが、あくまでも和人が入る前、アイヌの人々が自分たちで作れていたであろう料理を再現することにしました。
なので、基本味付けは塩、香草、脂などです。
多分、現代人からすると味が無いように感じると思います。
美味しく無いと思うひともいるでしょうし、二度と食べなくて良い、もあるかもしれません。
しかし、何度も言うようですがわたしたちの目的は「美味しいものを出してリピーターを作って儲けよう!」ではなく「アイヌの暮らしを味わってもらう」ことですので、それで良いのです。

料理はあくまでもきっかけ。


日々自然と共に暮らし
季節と一緒に食べるものや食べ方も移ろい
ほかのコタン(村)のひと達や山の動物達のために採りすぎない、今必要な分だけを採り
また冬にむけての保存食を作り
その保存食を冬場にどうやって食べるのか、などなど。

今だから知っておきたい暮らし方を伝えたいと思っています。

わたしから伝えられることはもちろん全てお話していきますが、
是非、ポンペ氏から直接話を聞く事が出来るコース(『アイヌ料理と音楽に触れるコース』『一日まるごとアイヌ文化コース』)をオススメします。
講演会などで聴く話より、普段の何気ない会話の中に、感動が待っています。

わたしが一番みなさんに言いたいのは「ポンペさんに会いに来て!!」それだけなのかもしれません。

 

 

NPO法人 ハチドリ

北海道札幌市西区発寒3条4丁目2-1 011-664-5390 info@hachidori.me
Powered by Webnode